. . .

【閉業】Spartacvs Bali Hotel:バリ島のGayのための宿泊施設



ヨガインストラクター&マッサージセラピスト Ryuのインドネシア(バリ島)ゲイレポート

こんにちは、前回から世界のLGBTリゾートやリトリートなどを紹介させていただきます、Rainbow Nude Yoga & MassageのRyuです。
よろしくお願いいたします。

■バリ島

世界中の観光客を魅了するバリ島は、神々の住む島と言われています。
昔から有名ですがリゾート開発は今も進んでおり、どんどんエリアは広がっております。
インフラが整っていないのに建物だけ建ててしまうので、特に中心部は交通渋滞がひどいし混沌とした状況ではありますが、車が入れない畦道を進んでいくと田園風景が広がりリラックスできます。
そんなところにもホテルやレストランなどが点在し、隠れ家を求め宝探し的な楽しみもあります♪
また、LGBTフレンドリーやヌーディストのための宿泊施設も多数存在し、主に欧米人で賑わっています。

■Spartacvs Bali Hotel※2018年8月27日閉業

今回お世話になったのはスミニャックにある『Spartacvs Bali Hotel』。

アクセス

Jl. Pura Telaga Waja, Petitenget, Kerobokan, Kuta Utara, Kerobokan Kelod, Kuta Utara, Kabupaten Badung, Bali, インドネシア

http://www.spartacvsbali.com/

■ゲイバーなども集まっているエリアにある

スミニャックはゲイバーなども集まっているエリアで、ビーチも近いし非常に便利です。
ここはGayのための宿泊施設で、clothing optionalなのでヌードOKです。
プールやジャグジーでヌードになるととっても気持ちがいいです。

水着を穿いている人も多かったですが、私は一度も穿きませんでした。持って行かなくてもよかったです!

■部屋の様子など

部屋はこんな感じです。

食事系

スタッフの教育も行き届いる

スタッフの教育も行き届いていて、とってもリラックスして滞在することができました。

ずーっと裸でいられる

ホテルの食事もおいしかったですし、マッサージなども呼ぶことができるので、外に出なくても十分楽しめます。 ずーっと裸でいられるということは、完全にストレスフルということ!おススメです。 私は1日おきにマッサージに通いましたが、安価なのにどの店もレベルが高く非常に気持ちよかったです。

最後に

いかがでしたか?
ライステラスやウブドのオーガニックカフェに行ったり、ケチャダンスを見に行ったりもしました。 2016~2017年の年末年始にヌードヨガのリトリート合宿を行いましたので、次回はその様子をご報告したいと思います。