. . .

『Pandee Bar』本格的なカクテルが味わえるチェンマイのオープンなゲイバー



ヨガインストラクター&マッサージセラピスト Ryuのタイ(チェンマイ)ゲイレポート

こんにちは、世界のLGBTリゾートやリトリートなどを紹介させていただきます、Rainbow Nude Yoga & MassageのRyuです。
よろしくお願いいたします。

■Pandee Bar

アクセス

Kalare Night Baazar Charoen PrathetLane 6 Amphhoe Mueang Chiang Mai Chand Wat Chiang Mai, 50100

https://pandeebarcm.wixsite.com/pandee

https://www.facebook.com/Pandee-Gay-Bar-273701579713581/

これはゲイ・バー・チェンマイで最も親しみやすい場所です。 オリオンバーの隣にあるカラエナイトバザールにあり、シークレッツとラムバーのすぐ近くです。

HPより引用

タイと言えばLGBT王国ですよね(笑)

タイで第二の都市であるチェンマイにもLGBTスポットはたくさんあります。
チェンマイは山に囲まれた古都でありタイ有数の観光地で、日本でいうと京都のようなところでしょうか。
街やプレイスポットの規模はバンコクに及びませんが、物価も少し安いですし、ほどよくのんびり滞在できます。
国際空港も街からかなり近いので、アクセスも便利です。

観光客が多く滞在するエリアの最もメジャーなエリアが、ナイトバザール周辺です。
ナイトバザールはチャンクラン通りを南北に1km以上も店が連なり、路地にもお店がたくさんあって毎日大勢の人でにぎわっています。
露店だけでなく、このエリアには常設のマーケット(だいたいが3階建て以上のビル)も5つ以上あり、非常に多くの店やレストランなどがあります。
超大型のショッピングモールとも言えるでしょう。
昼間は地元民向けの市場へ、夜は観光客向けのマーケットへと歩くだけでも相当楽しいです。

とってもオープンなスペース

Pandee Barもナイトバザールの中の少し奥まったところにあり、アーケード街のとってもオープンなスペースです。
ちょっと一杯ひっかけちゃおっていう感じにさせる、とても利用しやすいお店です。
お客さんも多種多様で、タイ人だけでなく外国人も気軽に飲んでいる感じでした。
何度か訪れましたが英語が堪能な方が多く、話が弾みます。
アットホームでありながらも、近すぎない適度な距離感があって、日本人なら居心地がいいと感じるでしょう。

やんちゃ系の坊主のマスター(ママ)

マスター(ママ)はやんちゃ系の坊主で、色黒のほどよいマッチョ、モテそうです。
非常にスマートな接客で、ママっていうよりはマスターって感じです。
本格的なカクテルをたっぷり作ってくれるので、クオリティが高いです。
乾きものも美味しいものがどんどん出てきてサービス満点。
お会計も明朗で、マスターの誠実な人柄がわかります。



■最後に…

食べ物の露店は周りにたくさんあるので、お腹がすいたらすぐに食べられるし、いろいろはしごするのも楽しいですね。
気を付けなければいけないのは、場所や曜日によって営業時間が決まっていて、遅くても23時~1時にはほとんど全ての店が閉まります。
乗り合いバンも極端に少なくなりますので、ウーバーなどの配車アプリも駆使すると便利です。
電車やバスはないのですが、バンコクのように大きい街ではないため、そんなに移動に困ることはありませんが。
チェンマイはバンコクと違って朝晩が涼しいので、外で食事するのがとても快適です。
ナイトバザールは何から何まで爽やかでステキな環境でした。

それでは次回のレポートもお楽しみにしていてくださいね。